第6回地域クラウド交流会 ラジオ体操ゲストでソーランドラゴンが出陣!【出陣報告】

第6回地域クラウド交流会 ラジオ体操ゲストでソーランドラゴンが出陣!【出陣報告】
The following two tabs change content below.
朋樹

朋樹

北海道札幌市出身、双子忍者“双龍(ツインズ・ドラゴン)”の赤い方。道産子ヒーロー“舞神ソーランドラゴン”プロデューサーの双子の兄。 スタントマンでもあり、ちょこっとだけ映像クリエーター(昔映画祭でちょこちょこ賞をとってた)。座右の銘は「空回ってるうちに何かを巻き取るんですよ!」ジャッキー・チェンが好き。 「ヒーロー魂を持った人達を増やし、よりよい未来のために、できることから行動する人を増やす」と言う信念と、「ジャパニーズ・ツインズ・アクションを世界に轟かす」と言う夢を追いかけ、忍者とヒーロープロデュースに奮闘中。
この記事の所要時間: 311

どうも!朋樹でござる!5月22日(水)にエルプラザで行われた第6回地域クラウド交流会in札幌に
ソーランドラゴンが出陣!以下、うちのヒーローにレポートしてもらうでござる!

北海道ご当地ヒーロー・水龍
はい、お任せください!

水龍です!
スタンプ22 グ!

第5回地域クラウド交流会in札幌で、プロデューサーの朋樹さんが準優勝したつながりから、

地域クラウド交流会in札幌で準優勝!出て変わった事などレポ!

第6回大会にゲスト出陣してきました!

地域クラウド交流会とは

5人の起業家がプレゼンターとして3分の事業プレゼンを行い、
その中で誰を1番応援したいか投票するのがメインイベント。
参加者から一番多くの投票を集めた起業家(プレゼンター)が優勝となります。

そして、参加費の一定割合が応援資金になっていて
(札幌は入場料1000円のうち半額の500円が応援資金!)、
プレゼンターは後日、獲得応援票数に応じた応援資金が商品券でもらえるのです。
この「交流会型クラウドファンディング」という新しい手法で、
参加者の一人ひとりが主体的に地域の起業家を応援できる仕掛けとなっています。

その商品券で1ヶ月以内に事業のプラスになる何かをその開催地域で買う事が
義務付けられていて、フェイスブックページで、それを報告します。

プレゼン後の投票〜投票集計までの時間は、大交流会と称し、名刺交換や情報交換が繰り広げられます。
これらの流れをふみ、 地域住民が起業家の応援を通して、地域活性化を目指す交流会形式のイベントで、
起業家だけでなく、地域の人達が参加することで、地域全体のビジネスの活性化につなげることを目的としているそうです。

毎回アイスブレイクはキャラクターと一緒にラジオ体操

どこの会場でもオープニングは「大人の本気のラジオ体操」でアイスブレイク!
札幌会場は毎回地域のキャラクターを見本に行われていて、そこで今回、僕達ソーランドラゴンが登場したわけです!
大人の本気のラジオ体操!

炎龍なんかは小学校5年生の時に体育委員長で、
ラジオ体操を全校生徒の前でかがみ状にやっていた経験があって、
ビシッとかがみ状にやっていて、あれは密かに抜け駆けして特訓してたな…と

ずるい!と悔しがりつつ、少し感心しましたよ(笑)

3分プレゼンや大交流会も参加!

その後、僕達は会場に残り、プレゼンター5人のプレゼンを聞いて

大交流会にも参加!沢山の皆さんと写真を撮りました!!

楽しくて有意義な出陣となりました!ありがとうございました!!

By水龍

戻りましてソーランドラゴン・プロデューサーの朋樹です


前回、第5回にプレゼンターで出た拙者でござるが、今回客観的に5人のプレゼンを聞いて、

優勝した梅ボーイズの山本さんは、
「梅農家を楽しんでいない兄を助けたい!」と言う事業のきっかけと
「8.5トン梅を買っちゃった」と言う前のめりな姿勢が応援したいと思わせたし、

3分間と言う短いプレゼンの中でインパクトがあったでござる!
実は拙者も山本殿に投票したでござる!

他の人達はそこを掘り下げれていなく、事業の説明で終わってしまったからの
結果の違いであると思うでござる!
ここ、前回のプレゼンを振り返ってみて、反省でござる。
今後出るプレゼンターが見つけたら参考にしていただけると嬉しいでござる!

By朋樹