2019年、双子での初活動!雨引観音大道芸と福島楢葉町でにんにん!!

2019年、双子での初活動!雨引観音大道芸と福島楢葉町でにんにん!!
The following two tabs change content below.
朋樹

朋樹

北海道札幌市出身、双子忍者“双龍(ツインズ・ドラゴン)”の赤い方。道産子ヒーロー“舞神ソーランドラゴン”プロデューサーの双子の兄。 スタントマンでもあり、ちょこっとだけ映像クリエーター(昔映画祭でちょこちょこ賞をとってた)。座右の銘は「空回ってるうちに何かを巻き取るんですよ!」ジャッキー・チェンが好き。 「ヒーロー魂を持った人達を増やし、よりよい未来のために、できることから行動する人を増やす」と言う信念と、「ジャパニーズ・ツインズ・アクションを世界に轟かす」と言う夢を追いかけ、忍者とヒーロープロデュースに奮闘中。
この記事の所要時間: 315

双子忍者“双龍(ツインズ・ドラゴン)”朋樹でござる!
忍者の時はござる口調でござる!!今日は先週末、
2019年初、やっとこさ双子がそろって双子忍者したでござる!
前半朋樹、後半昌樹でお送りするでござる

1月13日(日)雨引観音 戌の日大道芸レポ By朋樹

双子揃って、茨城県が誇る雨引観音さんで戌の日大道芸したでござる!!

年末年始は本州と北海道に分かれて別現場だったけど、
ついに今年の双龍本格始動だったでござる!

雨引き観音と双子のご縁

雨引き観音さんは、大安か戌の日が土日に重なり、
他の仕事が入らなかった日に出没して大道芸してるでござる!!

2013年に当時の住職の米寿の祝いにホテルオークラで余興をして気に入られ、
2014年正月に、3が日境内で大道芸を依頼されてやったでござる。

※雪で北海道への飛行機が飛ばず、中学の三十路学年同窓会、帰れずに4日も急遽やっている!
クラス幹事で38人中30人集める頑張りだったのに、クラス幹事欠席と言う(汗)

2014年のマダラ鬼神祭に依頼を受け、待っている人達を前に大道芸を披露!

そのお祭りのメインイベントである、幸運の矢を取り合う儀式で、
なんと1年に1人のメインの赤い矢をキャッチ!!
おじさんと同時にキャッチしたので譲ったのでござる!
証拠写真を撮らしてもらうことを条件に!

そんな一件と正月の大道芸で「縁起を担ぐ事」を太鼓や傘回しで説明し、
「素敵な文化でしょ!」と発信する神社やお寺のお祭り用の大道芸ショーを
感動した!と住職に気に入られて、今では大安戌の日の吉日の土日に、出演してるでござる!
年に十数回のお仕事につながっているんだけど、おてんとさんは、いや、観音様は
みているでござるなv( ̄Д ̄)v イエイ!

大道芸初めにからめて雨引観音と双子の関係を紹介しましたとさ!

By朋樹

1月14日(月祝) 福島県は楢葉町出演をレポ By昌樹

昨日は福島県は楢葉町の「みんなの交流館 ならはCANvas」で
楢葉町の子ども達にミニ忍者パフォーマンスや和芸を見せたり、
一緒に「エコエクササイズ カンフー摩擦」や
「アクション教室」「チャンバラ教室」など盛り沢山の内容で遊んできたでござる!

福島第一原発から約20km圏内にある楢葉町は東日本大震災の際は避難指定区域となり、
みんな避難して一旦は町に人がいなくなったけれども、
時間が経ったり、除染作業などの成果も出て、
避難指示が解除され、徐々に町民が戻ってきたとのこと…

でもやはり放射線量の数値は少なくなったとは言っても、
震災前はなかったものが、震災後はそこにあるわけで…
町に戻ってきた子ども達の割合は震災前の2割。
さらにやはりそんな子ども達も外で思いっきり体を動かして遊ぶ機会も減ってしまった…ということで、
楢葉町の子ども達が安心して室内で楽しく体をめいっぱい動かして遊べる企画を…ということで、
拙者たちにお声がけいただき今回の企画の実現となったでござる!!

参加してくれた子ども達は笑顔絶えずとっても楽しみながら参加してくれたでござるよ!

実は今回、この企画に拙者たちをよんでくれたのは、
拙者が幼稚園の先生をやっていた頃に担任していたすみれ組の子ども達、
通称スミレンジャーの一人の保護者のお父さん。

当時はつくばの産総研で放射線の研究をしていた方でござるが、
いつのまにか東京大学の博士になっており、
震災後は東大×楢葉町のプロジェクトで活躍しているとのことだったでござる!

今回、そんなご縁でお声がけいただいて大変嬉しかったでござるよ!
少しでも楢葉町の子ども達の笑顔と健康に貢献できたなら嬉しいでござる!にんにん!!

By昌樹