9月7日3連出陣レポート②さつなえのもり幼稚園

9月7日3連出陣レポート②さつなえのもり幼稚園
The following two tabs change content below.
朋樹

朋樹

北海道札幌市出身、双子忍者“双龍(ツインズ・ドラゴン)”の赤い方。道産子ヒーロー“舞神ソーランドラゴン”プロデューサーの双子の兄。 スタントマンでもあり、ちょこっとだけ映像クリエーター(昔映画祭でちょこちょこ賞をとってた)。座右の銘は「空回ってるうちに何かを巻き取るんですよ!」ジャッキー・チェンが好き。 「ヒーロー魂を持った人達を増やし、よりよい未来のために、できることから行動する人を増やす」と言う信念と、「ジャパニーズ・ツインズ・アクションを世界に轟かす」と言う夢を追いかけ、忍者とヒーロープロデュースに奮闘中。
この記事の所要時間: 143

さて、怒涛の3連現場、4ステージだった9月7日をブログでレポートでござる!

第二弾はさつなえのもり幼稚園

大きな幼稚園で、一部と二部で、子ども達が違うと言う事で2ステージ!

1回目はノーマルモード、

2回目は舞モードとフォームチェンジもした炎龍!

一緒に踊ろうが盛り上がりまくっていたでござる!!

映像でご確認くだされ!

さぽーとほっと基金さんの助成で出陣!

実はこうした幼稚園&保育園や学校の出陣はソーランドラゴングッズ収益の半分と、

2019年度の下半期も、

「札幌市のさぽーとほっと基金 松前孝子基金さんの補助金で出陣させていただいております!」

25回分の出陣経費の半額が助成されているでござる!15回ほどは決まってるでござるが、まだあと10回ほど、

札幌市内の園や学校や施設に、1万円〜8万円で出陣して行けます。
※内容により値段が異なります!

また、イベントの主旨や、想いや、熱意をソーランドラゴンやチームメンバーに説明し、
共感を得られ、ボランティアで出陣参加の賛同を得られたら、完全ボランティアの出演もやっちゃうんでござるぞ!

※特別価格&ボランティアともに回数が限られているので年度末にはお受けできないことが大半です。

ただそうしたイベントにもこうしてご協力できるように、なるべく予算を頂いての出陣をお願いしてでござるが!
どういう事かは、教育パッケージパンフレットを是非ご一読くださいませ!載せとくでござる!

※写真をクリックしたら大きくなって読めます!

9月7日は、このさぽーとほっと基金助成を使いながらも、
「メイクアウィッシュ・チャリティーラン&ウォーク」も出陣したでござるが、
そのレポート記事はコチラでござる!
http://https://tam-p.jp/hero/show-report/20190907-1/

この日は「楡の会秋祭り」にも行ったでござる、そのレポートはまた後日!

By朋樹