カンボジアで食べるべきカンボジア料理6選、値段や相場なども紹介!

カンボジアで食べるべきカンボジア料理6選、値段や相場なども紹介!
The following two tabs change content below.
朋樹

朋樹

北海道札幌市出身、双子忍者“双龍(ツインズ・ドラゴン)”の赤い方。道産子ヒーロー“舞神ソーランドラゴン”プロデューサーの双子の兄。 スタントマンでもあり、ちょこっとだけ映像クリエーター(昔映画祭でちょこちょこ賞をとってた)。座右の銘は「空回ってるうちに何かを巻き取るんですよ!」ジャッキー・チェンが好き。 「ヒーロー魂を持った人達を増やし、よりよい未来のために、できることから行動する人を増やす」と言う信念と、「ジャパニーズ・ツインズ・アクションを世界に轟かす」と言う夢を追いかけ、忍者とヒーロープロデュースに奮闘中。
この記事の所要時間: 555

朋樹です!僕、朋樹は4回、昌樹なんてもう6回も行っているカンボジア!
その経験を活かし、カンボジアに旅行などに言ったら、まず食べるべきカンボジア料理6選を紹介します!
値段や相場、などもついでに紹介しちゃいますね!

まずは食べるべきカンボジア料理6選

まずは2大巨頭はアモックとクイッティオかと!

1,アモック

最も代表的でおいしいカンボジア料理かと!例えるなら甘いキーマカレーです。
肉や魚と野菜と卵と香辛料とココナッツミルクなどを混ぜて蒸した料理だそうな!
ごはんと一緒に食べます。まさにカレーですね。でも全然辛くはありません。
いかにもアジアな料理が苦手という人も食べやすい料理ですね!
ココナッツの葉っぱやココナッツそのものが器になっている事が多いから、
見た目もインスタ映えしそうよ!今回も美味しいから何度か食った!

2,クイッティオ

コチラも代表的なカンボジア料理の一つ!米麺を肉や野菜と一緒に食うラーメン的な料理。
これは屋台にもイオンのフードコートにも、ホテルのバイキングとかにも本当にどこでもあるね!
ダシが聞いた塩味のスープが主流で、醤油味にしたり、辛みを入れたりもできるのが一般的かと。
朝ごはんにぴったりかもしれません。ヘルシーな夜飯にも最適です!
プノンペンの国際空港で唯一食べれるカンボジアっぽいもので、
帰国前の最後にカンボジア料理食べたかったらこれしかない!

3,バイサッチュル

昌樹が学生ボランティアで1か月カンボジアに滞在した時に、一番うまくてよく食ったと言う食べ物。
豚の炒め物がかかったご飯。カラミソ絡めた豚丼的な。今回は食べられなかったので写真がありません。

過去ので麺にかかってるやつは見つけたのでこちらで!

さらに過去の画像から、ご飯にかかってるの見つけたら近日付け足します。

4,プラホック

3日目の夜に食べた英語の通じない店で
「人気No1は?」と聞いて出てきたのはこれ。(うまく伝わったのかはわからない(笑)
生魚の塩漬けをペースト状にして笹でくるんだものらしい。
プラホック
店員さんのジェスチャー的には、一緒に出て来た野菜にくるんだり、
そうめんに付けて食べろとのことでしたが、後々調べてみると、
魚を発酵させるために塩漬にしたものらしい。平均3年漬けると言う情報も。
日本で言うみそのようなカンボジア料理には欠かせない調味料になるんだそうな。
かなり代表的なカンボジア料理で、1番人気を教えてほしいこともちゃんと伝わっていてのチョイスかもね!

5,マンゴージュース

カンボジア屋台

料理と言うか、飲み物ですが飲むべきはマンゴージュース!
ナイトマーケットの屋台で買ったら濃厚で1$!レストランでも2$前後かと!

日本に比べると値段も格安!フレッシュマンゴーも50円とかで買えちゃうかと!

6.カンボジアビール

カンボジアビール
アンコールビール、カンボジアビール、アンカービールがどれもスーパーやコンビニで一缶50円~60円!
キラングビールは150円でお高いけど濃厚なプレミアビール!この4缶がカンボジアのビール!
お土産でもオススメ!

飲食店でもジョッキー2ドルあたりが相場で、夕方ののハッピーアワーは
ジョッキ2杯で1ドルと、缶ビールと同じ値段のお店もありました!!
それは王宮の近くの川のほとりの店でしたよ!
ハッピーアワー

その他にも代表的なのをあげとくと

クイッティオを炒めたようなやつ

 

肉団子みたいのを刺したもの


マンゴーの青くて堅いまだ熟してないもの(?)を千切りにして野菜みたいに生で食う「マンゴーサラダ」
下の写真の、左の昌樹が指さす黄色い卵みたいのがマンゴー。右は白い大根みたいなのがマンゴー

この3つはよく見かけるし、屋台などでも必ずと言っていいほどあるよ。

カンボジアでの料理の値段

やっぱり安いよ!観光地で日本の7割くらい?

王宮の近くのランチ、アモックとクメールカレー、両方500円弱(写真では写ってないけど両方米つき)

ちょっと都心部を外れると日本の5割くらいにもなるかな?

お祭り会場近くのお店、ガッツリ食って二人お腹一杯でこれ全部で10$弱

例えば日本にもあるチェーン店だと比較しやすいかと例であげると

ケンタッキーフライドチキン、肉大きいの2つ(チーズトッピングあり)、ポテト、ドリンクで4.9$

骨付き肉唐揚げと、ナゲットとマッシュポテトとフライドポテトと、コーラで4.7$

なんとなく日本の半額強かなと!

でも運転手のトンブンさんに連れて行ってもらった、
THE地元民の行くところ?な定食屋さんだと3人で割と食べて
2$しかかからなかったもの!
↓これだけ食べて全部で2ドル220円!↓
2ドルで3人で食ったランチ

日本でこれだけ3人で食べたら、1人500円が絶対くだらないよね。

ってことは、ここなら日本の8分の1じゃねえか!!

結論、地元の人がつれてってくれる庶民的店はものすごく安くて旨い!
こうした恩恵も受けたくて、毎回トンブンさんを運転手に頼む双子です!

ドライバーのトンブンさん

JHP学校を作る会の紹介で知り合ったカンボジア人の運転手。

昌樹なんて二十歳に初めてカンボジア来た時からの付き合い!
運転がとっても丁寧で、ハイエースでどんなに狭い道でも切り込んでいく、
一度来た道をほぼ完全に覚えている、いつも素敵な笑顔を絶やさない、まさにプロ!

まあ、昌樹との長年の付き合いだったり、JHPさんのおかげもあって、

誰にでもその値段でってことではないかもしれんけど、

1日50ドル(5500円)でどんなに朝早くても、夜遅くまででも、何か所訪れても、

快く運転を引き受けてくれて、空港の送り迎えだけだったらついでにサービスしてくれる。
(ちなみに空港→市内はスムーズに行って40分、
タクシーだと1200円位、トゥクトゥクだと800円位、
この二つは渋滞に捕まるともう少しかかる時間も値段も倍くらいまでは十分あり得るかと。
最近はGrabやPassAppのタクシーアプリ利用すると、値段あがらず行けます。
バスだと泊まりながらなのでいくら渋滞しても40円だけど、1時間普通に行ってもかかり、
電車で30分ほどでついて220円(2$)リムジンバスは550円(5$)です)

早く終わってしまったりすると、何だか申し訳ないと、ご飯をおごってくれます。

今回3時ごろに終わった日は、夜家に招待してくれて、結構豪華にディナーをごちそうになった!
↓トンブン家のごはんの一面↓

のでそういうところを見ると移動と、安心と安全と、
たまに食事もこの値段で買えるので、
ずーっとトンブンさんにお世話になっております。
愛すべきカンボジアのお父さんです。

いつもありがとう!トンブンさん!!

 

By朋樹