ズッコケ中年三人組にハマる 書評【BN】

ズッコケ中年三人組にハマる 書評【BN】
The following two tabs change content below.
黒田昌樹
北海道札幌市出身の双子の弟。 双子忍者“双龍(ツインズ・ドラゴン)”の青い方。 道産子ヒーロー“舞神ソーランドラゴン”プロデューサー。 その他、双子スタントマン、双子スーツアクター、双子アクションパフォーマーとしても活躍中! 座右の銘は「一人ひとりがヒーローだ!できることからはじめよう」 「地域に、日本に、世界によりよい未来をつくるために"できることから"行動する"ヒーロー魂"を持った人を増やす」と言う信念と夢を追いかけ、忍者とオリジナルヒーローの活動やプロデュースに奮闘中! ジャッキー・チェンとTHEイナズマ戦隊が大好き! ヒーローものも仮面ライダー、戦隊、ウルトラマン、アメコミ、何でも好き!! 北海道教育大学旭川校幼児教育学専攻卒、元幼稚園教諭。 筑波大学体育専門学群にも科目等履修生として2年間在籍。 祭英雄企画(まつりヒーロープロジェクト)代表。 NPO法人I・M・Cイベント事業部 代表。 アクションエンターテイメント&映像制作団体 TAM-Project 副代表。 茨城県つくば市在住。1女1男の父。実は妻も双子(の片割れの妹)。家族LOVE!!
この記事の所要時間: 438

小さい頃はまったズッコケ三人組が中年になって帰ってきた!
そんな作品の書評が旧ブログで結構読まれていまして、再会したブログに転載!
某映画とはスーパーヒーロー大戦の事でしたよん!
福士くんが人懐っこいいい子だったなぁ。ああ言う子が後に売れるわけだなぁ!
おてんとさんは、いやいやスタッフさんはみているよー。
レッツゴー!バックナンバー!!

#########################

2011/12/30 22:46:52

撮影に追われてギリギリの帰省

どーも、只今ブラリと北海道に帰っております。

某映画の撮影日の変更が相次ぎ、予定が定まらず、
当初予定してた日程のチケットはキャンセル。
年末で飛行機もフェリーも満杯だったので、
四年ぶりくらいにJR北海道東日本パスで鈍行列車の旅。
時間はかかりますが、1万ちょいでつくばから札幌まで行けてしまう優れもの!

無事、青森からの急行はまなすに乗れたので、
あとは札幌まで一本です。明日の早朝着予定。
道中はもっぱら読書。
ここ数年、ゆっくり読書する時間になんか恵まれなかったので、久々に読書に耽っております。

今じゃ肉体派で通っている僕ですが、小さい頃はそれなりの読書家だったんですよ。ホントホント。
で、この道中に何を読みふけているのかというと

『ズッコケ中年三人組』シリーズです(笑)

111230_223621_ed

これはね、小学生の多くが誰もが一度ははまるという、
言わずもがなの児童書シリーズ
『ズッコケ三人組』シリーズの続編にあたる
一般書シリーズなんですが。

何をかくそう、オイラ達双子も
ご多分に漏れず、小学生の頃にハマッて、シリーズを読みあさり、
巻末のズッコケ検定クイズに答えて応募して、
ファンクラブにも入会しちゃった過去を持つわけで(笑)

兼ねてから作者の那須正幹先生が言っていた通り、
シリーズ50作目『ズッコケ三人組の卒業式』で
永遠の小学六年生から三人組が卒業するという
大円団で堂々と幕を閉じたわけですが…

なんと再び我々読者の前に姿を表した三人組は、
40代の中年のオッサンになっていた…(笑)

しかもこちらは年に一冊刊行され、三人組も40歳から一歳ずつ歳を重ねて、
当面は50歳の『ズッコケ熟年三人組』目指すんだそうな。

数年前、第一弾『ズッコケ中年三人組』で大人になった3人と
怪盗Xとの再戦に興奮しましたが、さらにシリーズが続いていたとは知らず…。

これって、昔ズッコケにはまってた人も、あまり知らなかったりするんだけど、皆さん知ってました??

そしてこれまたなかなか面白い訳なんですよ!

色黒チビのハチベエは、
親の八百屋を継いだけど時代の波に流されコンビニに転向して経営者として頑張っていて、
思春期の息子二人を持つ親父。
奥さんは
荒井由美子、榎本加奈子、安藤圭子という
ズッコケファンにはおなじみクラスの三大美女のうち
ショートカットでボーイッシュな学級委員だった安藤圭子。
同窓会で再会し、一夜の過ちの後できちゃった婚だとか(笑)
ハチベエの女好きの性格は相変わらずで、
浮気疑惑が浮上し、タジタジしたり(笑)
長男がグレ気味だったり(汗)

優しくて大柄なおっとりモーちゃん
一人の娘を持つお父さんだけど、
前勤めてた会社が倒産だかリストラだかで、
レンタルビデオ店で深夜バイトしてる残念生活から、
荒井さんの口利きで壁紙職人に転向という波瀾万丈ぶり(笑)

娘がいじめにあっちゃったり(汗)

唯一の独身
メガネで勤勉家で相変わらずトイレで本読むハカセ
研究員の夢破れ、中学の社会科教師だけど、
クラスが学級崩壊していたり(汗)
インテリアデザイナーでバリバリ働いているうちに婚期を逃した独身のマドンナ 
荒井由美子から猛アプローチを受けているけどなかなか関係が進展しなかったり(笑)

ちなみに三美女の残りの一人、榎本さんは
幼稚園の先生、のち寿退職、のち離婚してスナックのママになり、プチ整形に精を出しています(笑)

そんな感じであの三人組やその同級生がリアルに大人に、中年になっていて、
リアルな人生に四苦八苦する人間模様を展開するわけですよ。
かつてのエピソードがちょくちょく思い出話に登場したり、
かつての登場人物が、変わり果てたその後の姿で物語りの中心を担ったり…。

この冬休み、図書館でまとめ借りして、
今日の移動でage41〜age43まで三冊一気読みしちゃいましたわ。

作者も自称する通り、かつてのズッコケファンだった大人に向ける物語り。
大人向けの恋愛や内容もあったり、裁判員制度なんかとりあげちゃったり、
小学生の三人組では扱えなかった?内容にも取り組んでます。

ズッコケに一度でもハマッた人は誰しも楽しめると思います。
一昨日、最新7作目の『ズッコケ中年三人組age46』が発売したとか!?

なまらオススメです!!!

By昌樹

##############################

その後無事に1年1巻観光して2015年、ズッコケ熟年三人組で完結しております!!