『アベンジャーズ/エンドゲーム』見てきました!MCU 最高の集大成!!早速レビュー【ネタバレなし】

『アベンジャーズ/エンドゲーム』見てきました!MCU 最高の集大成!!早速レビュー【ネタバレなし】
The following two tabs change content below.
黒田昌樹
北海道札幌市出身の双子の弟。 双子忍者“双龍(ツインズ・ドラゴン)”の青い方。 道産子ヒーロー“舞神ソーランドラゴン”プロデューサー。 その他、双子スタントマン、双子スーツアクター、双子アクションパフォーマーとしても活躍中! 座右の銘は「一人ひとりがヒーローだ!できることからはじめよう」 「地域に、日本に、世界によりよい未来をつくるために"できることから"行動する"ヒーロー魂"を持った人を増やす」と言う信念と夢を追いかけ、忍者とオリジナルヒーローの活動やプロデュースに奮闘中! ジャッキー・チェンとTHEイナズマ戦隊が大好き! ヒーローものも仮面ライダー、戦隊、ウルトラマン、アメコミ、何でも好き!! 北海道教育大学旭川校幼児教育学専攻卒、元幼稚園教諭。 筑波大学体育専門学群にも科目等履修生として2年間在籍。 祭英雄企画(まつりヒーロープロジェクト)代表。 NPO法人I・M・Cイベント事業部 代表。 アクションエンターテイメント&映像制作団体 TAM-Project 副代表。 茨城県つくば市在住。1女1男の父。実は妻も双子(の片割れの妹)。家族LOVE!!
この記事の所要時間: 919

青い方、昌樹です。先日から怒濤のGW !10連休が始まり、僕らイベント業界的には年に一番と言っていいほどの多忙期!
それが始まる前に絶対見なきゃ!!ってことで、

4/26公開日の初回に見に行きましたよ!
『アベンジャーズ/エンドゲーム』

もう、最高でした!!ありがとうマーベル!!!

ちょいとその後のGW 前半のバタバタで遅くなってしまいましたが、この中日の移動日にようやくまとめて、
まずはネタバレなしで、この熱い気持ちを吐き出します!!

これまで11年間、全22作に渡って描かれてきたMCUのまさに集大成!

そう、『アイアンマン』(2008)から始まった過去11年間、全22作のMCUに一旦区切りをつける本作!

実は私、昌樹はこのマーベル・シネマティック・ユニバース、通称MCUの全22作、制覇しているクチなのです。

フェーズ1の多くはDVDで制覇しましたが2012年の「アベンジャーズ」からは、全て劇場で制覇!

 

そんな僕のようなMCUフリークが待ちに待った!でも本当に終わっちゃうのが寂しくて見るのがちょっと残念…

イヤイヤ、うっかりネタバレを目にする前に、できるだけ早めに、必ずや見なければ!!そんな一作がこの、エンドゲーム!だったのです!!

 

いやあ、最高でしたよ。まさにね、昨年末の平ジェネFOREVERじゃないけど、

「アベンジャーズを愛してくれた、すべてのアナタへ…」ですよ。

いや、アベンジャーズだけじゃないな、

「MCUを愛してくれた、全てのアナタへ…」だね。

もーう、感無量!方方から聞こえてくるとおり

 

納得の決着!ファンが見たいものを全部見せてくれた!最高で圧巻の完結編!!

 

確かに、今までMCUの映画を見た本数が多ければ多い人ほど楽しめる作品だったと思います。

でも、モチロン!そんなにMCU作品を見たことない人でも目まぐるしく流れる3時間にちょっと置いてけぼりをくいつつ(笑)

楽しみながら、このヒーローについてもっと知りたい!これってどういうことだったの?と過去作を見てみたくなる。

そんな映画でもあったかもしれません。

 

展開は誰も予想できない…と言われていたけど、

確かに僕が予想していたどの展開とも違った予想外の展開が序盤から描かれて、

それでいて僕らMCUファンが見たかった!待っていた!様々なシーンや展開も見せてくれていて、

圧巻で、納得の着地点、完結編を見せてくれたんだから、感無量で言うことなし!アッパレ!!

監督のルッソ兄弟、おそるべし!最高だぜ!!

このものすごい作品をバシッと仕上げてくれた監督はそう、アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟!

 

実は僕達双子もかつて『双龍伝説』という自主制作アクション映画を

兄弟で監督・主演し、2007年の筑波大学学園祭で企画グランプリを受賞しましたが(笑)

 

そんな僕達なんて足元にも及ばないくらいの、世界最強のこの兄弟監督に最大の賛辞を贈りたい!

ルッソ兄弟が初めて監督した

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』は、僕がこれまでのMCU 作品の中で一番好きな映画だし、

『キャプテン・アメリカ/シビル·ウォー』では、

何だかんだ最初は対立しといて、最終的には共通の敵を倒すために仲直りするんでしょー!?っていう、

日本のヒーローもののVS 作に慣れ親しんだ僕としては…

 

いや、その直前に公開されたDC の『バットマンvs スーパーマン』もそうだっただけに、

キャプテン·アメリカとアイアンマンが真っ向から対立したまま、アベンジャーズも真っ二つに決裂して終わってしまった本作…

何だか頭をガツンッと殴られたような、強烈な衝撃を受け、世界最高峰のヒーロー対決ものを見せられた気がしました。

 

そうして、アベンジャーズが一番不安定な時に立ちはだかる最強の敵·サノスとの闘いとまさかの敗北を描く『アベンジャーズ/インフィニティ·ウォー』

そしてその衝撃と焦燥感を経ての今回の大円団『アベンジャーズ/エンドゲーム』

もう、ルッソ兄弟が構築し、紡ぎ、しっかりと終息させてくれたこの最高の流れに、もう酔いしれて感心するばかり。

世界最高の兄弟監督の完璧な仕事に、兄弟監督の端くれとして(笑)いやいや、いちMCU ファン、映画ファンとして、

最大最高の賛辞を贈らずにはいられません!!

 

ちなみに、この『アベンジャーズ/エンドゲーム』の盛り上がりを目の当たりにし、

「今まで全くMCU作品を見てないけど、エンドゲーム見に行く前に最低限見るべき映画はどれかな?」

と言う人もいるけど、これまでのルッソ兄弟監督作3作を見てからのエンドゲームはなかなかのおススメ、

他にも段階分けして5パターンくらい僕的におススメの作品群があるんだけど、今度時間見つけて紹介します!

 

やはり鍵を握るのは前作に登場しなかったホークアイ、アントマン、キャプテン・マーベルなのか?

今回こそホークアイが大活躍!

そう、僕は実はMCU の中で一番好きなヒーローはホークアイなのですが、

だって、スーパー戦闘スーツを操る天才発明家のアイアンマンや、超人兵士(スーパーソルジャー)のキャプテン·アメリカ、

天才科学者でもある超人ハルク、マイティ·ソーに至っては雷神!神ですよ!!

そんなアベンジャーズの初期メンバーの中に、ポツリと1人。ただの弓矢が得意なおっさん、ホークアイ…

応援せずにはいられないでしょ(笑)しかも、それが、最高にクールなのですよ!

 

でも、そんな大好きなホークアイが、前作インフィニティ·ウォーでは1分1秒たりとも出てこなかったんですよ。なんでや!?

全世界のホークアイファン同様、暴動をお越しかけた僕ですが…皆さん安心してください!

今回は大活躍しますよ!もう、冒頭からたっぷりと!!

 

しかも今回は弓矢の名手·ホークアイとしてだけでなく、日本刀を使うヒーロー·ローニンとしての活躍シーンも!

日本でローニンvs真田広之!!日本のファンへのサービスシーン!?

そう、我々日本人的には、日本を舞台にして、ローニンとなったホークアイが、

あの日本が誇るアクション俳優·真田広之さんと1分間ノンストップワンカットの大立回りを演じるという嬉しいシーンも!

 

日本語の看板がなんかおかしいとか、ホークアイ改めローニンが話す日本語が違和感ありまくりとか、

そんなことはもうどうでもいい!もうそのシュチュエーションとメンバーだけで許す!夢のシーンだ!!

 

真田さんが今回のエンドゲームに出るという噂は前々からまことしやかに聞こえてきたけれども、

公式に発表されたのはなまら直前のワールドプレミアで真田広之さんが出席した時でしたが、

それがもうニュースなどにもなっていたのでネタバレじゃないよね。

 

この予告編ではそのシーンが一瞬出てきますよー。

日本のファンに向けられてこのサービスシーンにも注目!

アントマンとキャプテン・マーベルもモチロン活躍!

特にアントマンはかなり物語の重要なポジションを担ってくれますよー!

 

キャプテン・マーベルもその半端ない強さは反則的!早く地球に来てくれりゃこんなに苦労しなかったのに(笑)

とにかく、前作インフィニティ·ウォーに参戦しなかったメンバーの活躍にも注目!

 

とは言ってもやはり、アベンジャーズ初期メンバー6人の活躍が圧巻!

そう、キャプテン·アメリカ、アイアンマン、ソー、ハルク、ブラック·ウィンドウに、ホークアイ…
やはりこの初期のオリジナルメンバーの活躍にかぎるアベンジャーズ!

当初の情報ではこの6人全員が今回で契約満了!お別れです!!って話もあったみたいだけど
(今ではホークアイの単独ドラマシリーズや、ブラック·ウィドウの単独映画、ソーもまさかの映画4の噂も出てますけどねー!)

この6人の活躍と物語の決着にも注目!!

親子の物語、家族の物語に何度も泣かされました…

作品全体を通して、何度も泣けるシーンがあったけど、
おいら、娘と息子ができてから、親子関連のシーンは感情移入しまくりでもう、ダメなのよねえ…

 

ホークアイとその娘や家族、アントマンと娘のキャッシー、

その他にもいろんな親子のシーン、家族のシーン、もう泣きまくりだったなぁ…。

 

そう、どんなに強くてカッコいいいヒーローにだって愛する家族がいて、
世界の平和を守ることと同じくらい、いや、それ以上に!
家族との愛、関係が大切で重要で大きなパワーや原動力になるのよね。
そうした人間味あふれる姿があるからこそ、
マーベルのヒーロー達は身近で、愛されるヒーローなのだ。

 

そして、本当の家族だけじゃなくて、まさにアベンジャーズというヒーローが団結したその仲間達こそまさに家族!
前回のインフィニティ・ウォーで失った仲間のために、家族のために、
残されたヒーロー達がどんな行動に出て、どんな物語を紡ぎ、どんな結末を迎えるのか…
涙なしでは見られない!壮大なる家族の物語!!『アベンジャーズ/エンドゲーム』必見です!!

おまけにもう一つ、アベンジャーズは最強の敵・サノスよりももっと強敵!?〇〇〇に今度こそ勝てるのか??

そう、全世界で次々と記録を塗り替える大ヒットを記録しているアベンジャーズシリーズですが、

いつもGW公開ゆえに?実はここ日本に至っては今まで一度も初登場1位を記録したことがない。

そうなのだ。いつも彼らの前に立ちはだかるサノスよりももっと強敵がいるのだ。
その名は『名探偵コナン』(笑)

世界中で圧倒的な初登場№1を記録するこのシリーズの有終の美を、
今度こそ最強の敵・コナンに打ち勝って、この日本で飾ることができるのかが、
実は世界中のアベンジャーズファンの注目の的であり、悲願だったりするわけ(?)だけど

いつも毎週火曜日には出てくる興行収入ランキングが、今回は10連休という長期連休が関わっているためか、
なぜかもう木曜にもなるのに今のところ出ていない…気になるぞ、気になりすぎるぞ!

アベンジャーズは最強の敵・サノスよりももっと強敵!?コナンに今度こそ勝って有終の美を飾れるのか?

これもまた今作の見どころの一つだ!!!

 

そんなこんなで『アベンジャーズ/エンドゲーム』なまらおススメです!!

by昌樹