妻の好きなものを知る喜び/森雅之・森環2人展今日まで!

妻の好きなものを知る喜び/森雅之・森環2人展今日まで!
The following two tabs change content below.
朋樹

朋樹

北海道札幌市出身、双子忍者“双龍(ツインズ・ドラゴン)”の赤い方。道産子ヒーロー“舞神ソーランドラゴン”プロデューサーの双子の兄。 スタントマンでもあり、ちょこっとだけ映像クリエーター(昔映画祭でちょこちょこ賞をとってた)。座右の銘は「空回ってるうちに何かを巻き取るんですよ!」ジャッキー・チェンが好き。 「ヒーロー魂を持った人達を増やし、よりよい未来のために、できることから行動する人を増やす」と言う信念と、「ジャパニーズ・ツインズ・アクションを世界に轟かす」と言う夢を追いかけ、忍者とヒーロープロデュースに奮闘中。
この記事の所要時間: 357

昨日、札幌市は大通、池内ゲート6階の本屋さんでひらかれている
北海道出身の漫画家森雅之さんとその奥さん、森環さんの個展に行ってきました。
その名も森雅之・森環 2人展/札幌編「あまい森 にがい森」
森雅之・森環 2人展/札幌編「あまい森 にがい森」DM

漫画家森雅之・森環とは

森雅之さんとは、1957年、北海道生まれ、北海道在住の漫画家さん。
おお!なんと高校はオイラと同じ札幌東高校!先輩ではないか!
以下公式HPより、代表作など引用します!

森雅之さん自画像
1976年、漫画専門誌「漫波」(清彗社)にてデビュー。
1996年、「ペッパーミント物語」(ホーム社)で第25回日本漫画家協会賞優秀賞受賞。おもな著書に「夜と薔薇」「散歩しながらうたう唄」(ふゅーじょんぷろだくと)、「惑星物語」(河出書房新社)、「追伸」(バジリコ)、「水の夢」(偕成社)、「耳の散歩」(朝日ソラノマ)、「散歩手帖」(大和書房)、「すみれちゃん」(ビリケン出版)など。現在、「アックス」(青林工藝舎)、「月刊天文ガイド」(誠文堂新光社)、「季刊びーぐる」(澪標)に連載中。

公式HP→https://www.morimasayuki.com/

森環さんとは。森雅之さんの妻、旧姓は木村
以下Amazonの著者紹介を引用します!

1965年、北海道釧路市生まれ。(旧姓:木村)
独学で鉛筆画を学び、2006年より作品発表を開始。
札幌市とその近郊にて、個展を中心に活動を行う。
2015年、Lirabelle社(フランス)より初めての絵本”Tilde à travers bois”出版。
漫画家・森雅之と結婚後、作家名を「森環」に変更。札幌市在住。

代表作:
画集「愛よりも奇妙」(アトリエサード)、絵本「ぼくのドラゴン」(原作:おのりえん/理論社)「靴屋のタスケさん」(原作:角野栄子/偕成社)

そんな二人がご夫婦で今日まで個展をやっています!

森雅之・森環 2人展/札幌編「あまい森 にがい森」
会期:2019年1月21日(月)~2月3日(日)
会場:書肆吉成丸ヨ池内GATE6F店(札幌)

妻が好きなものを知る喜び

妻が昔から森雅之さんの作品が好きだそうで、
妻が好きなものを見たいなーと、一緒に行く事に!
ほんわかした森雅之さんの絵と不思議な世界観で妙にリアルな森環さんの絵が素敵でした!
帰ってくると妻の本棚には森雅之さん作品がチラホラ並んでいて、
思わず手に取ってパラパラと読んでしまいました。
森雅之さんMM文庫

ほんわかと描かれる日常と思春期や子どもの話がほっこりしていて、

あー妻が好きな感じだなぁー

と感じたとともに、今まで本棚にあったのに、気付いていなかったなー。とちょっと反省しました。

また、妻が個展で買ってきたサイン本を
ニコニコしながら読む姿に
素敵な瞬間を見た気がしました。

妻が好きな物を知るのは幸せだなー
と思った次第です。

森雅之&森環代表作はコチラ

妻曰く、森雅之さんの世界観がすっごく現れている勧め作品はコチラ

絵本も出しています!おススメ!

1996年、第25回日本漫画家協会賞優秀賞受賞した、
「ペッパーミント物語」もおすすめです!

森環さんは画集、『愛よりも奇妙』が個展でも押されていました!!

最後に

皆さんにも出会ってほしく、ブログに書いてみました!
札幌の池内ゲートでの個展は今日の18時まで(もっと早く書ければよかったなー。)

そして、僕の好きなものも妻に知ってもらいたいなと

よし!ジャッキーチェン映画を、妻と見ようではないか!

と決意しましたとさ!!あはは!

By朋樹