世界の長友と共演!CMに出ました!おーちゃんが!おーちゃんドラゴン講演会を紹介!

世界の長友と共演!CMに出ました!おーちゃんが!おーちゃんドラゴン講演会を紹介!
The following two tabs change content below.
朋樹

朋樹

北海道札幌市出身、双子忍者“双龍(ツインズ・ドラゴン)”の赤い方。道産子ヒーロー“舞神ソーランドラゴン”プロデューサーの双子の兄。 スタントマンでもあり、ちょこっとだけ映像クリエーター(昔映画祭でちょこちょこ賞をとってた)。座右の銘は「空回ってるうちに何かを巻き取るんですよ!」ジャッキー・チェンが好き。 「ヒーロー魂を持った人達を増やし、よりよい未来のために、できることから行動する人を増やす」と言う信念と、「ジャパニーズ・ツインズ・アクションを世界に轟かす」と言う夢を追いかけ、忍者とヒーロープロデュースに奮闘中。
この記事の所要時間: 71

双子の心友(しんゆう)である、全盲のカメラマンであり、旅人の

おーちゃんこと大平啓朗が、サッカー日本代表・長友選手も出ている

LIFULLのCMに出演しました!!
それを記念して、おーちゃんと双子の活動も紹介します!

まずはおーちゃん出演のLIFULL 企業CM「しなきゃ、なんてない。」

「しなきゃ、なんてない」を合言葉に〇〇しなきゃに立ち向かう、
挑戦者達のCM、まずはごらんあれ!

→LIFULL 企業CM「しなきゃ、なんてない。」篇 120秒ver. – YouTube

何だかグッときますね。そこで気になるのがまずはこの会社、どんな会社だろう??

調べてみました。株式会社LIFULL(ライフル)とは、
「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、
1997年に設立した住生活情報サービス運営企業。
主要サービスの不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」は総掲載物件数No.1.
「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、
世界中のすべての人に、安心と喜びのライフソリューションを提供する会社」
だそうな。

今回のCMでは
無限の可能性の中から自分の生きたい”LIFE”を実現しようと努力を続ける人々が登場し、
「しなきゃ、なんてない。 」という力強いメッセージを伝えています。
「既成概念の枠を超え、多様な人の、多様な生き方をサポートする」という想いを込めて制作しました。
だそうな!
CMのそれぞれの人に、ストーリーがあり、皆本当に闘ってる人達で、カッコイイ!

話は戻って、双子の心友、おーちゃんが挑む‟しなきゃ”は
「目が見えないと写真が撮れない」事。
そんなことはない!と挑むおーちゃんのインタビュー記事は、こちらから!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
目が見えないと写真は撮れない – 大平 啓朗 | LIFULL STORIES
https://media.lifull.com/stories/2018100504/

是非リンクに飛んでじっくり読んでみてほしいけど、面倒な人のために、ざっくりと言うと
目が見えなくなっても、あきらめずに好きな写真を撮り続けて、
それまでと違ったとり方や、世界を見つけたと言う事が書かれてます。
うーんやっぱ表しきれては全然ない。やっぱり記事、一読してよ!

おーちゃんと、ソーランドラゴンで、講演をする教室パッケージがあります

記事を読んだ人なら、感じるものがあるでしょ!?これを生で、感じてもらいたくて、
僕らが仕掛ける講演会があります!しかも純粋な子ども達におーちゃんと出会ってほしいと思ったので、
うちのヒーロー、ソーランドラゴンとのコラボ講演と言う!

記念すべき第一回目の時に作った、拙いCMがWEBに上がっているので、ご覧下さい。

この後、
青森や石巻や

沖縄など、

全国でもちょこちょこやらせてもらってますが、

オイラが熱烈におすすめするのは、小学校訪問です。

おーちゃんと対峙した子ども達が、目が見えないと、どんなことが困るのか想像してもらい、

こんな時どうするのか、質問形式でどんどん聞いてみる導入。

これが子ども達は素直でめんこいし遠慮せず聞いてくれるから、よい!

そしておーちゃんが大好きな写真を諦めずに撮り続けている話から、

目が見えなくてもこんな風に写真を撮るんだよ!こんな作品があるよ!と言う中盤。
そして、実は目が見えないけどおーちゃん、踊りも踊れるよ!と一緒に披露!
さらに時間がある時は、子ども達が二人一組になり、

目が見えない役の人と、目が見える人役に分かれて
見えない人に踊りを教えてみる経験をしてみる。

最後はみんなで一緒に踊ってみるんだよね!

目が見えない世界も、体験したり、知ってみれば、今度目が見えない人に会った時に、
身構えずにちょっと手助けできるかもしれない!そんな優しい時間を届けています!

しかもヒーロー・ソーランドラゴンも一緒に!

ここが僕らの教室のミソでもある!ヒーロー・ソーランドラゴンが

おーちゃんのことを僕のヒーロー!すごいやつ!として紹介することで、
子ども達が話をすごく聞いてくれるんだ。楽しく明るく進むんだ。

これはコラボするべきでしょ!お-ちゃんの踊りの先生が実はソーランドラゴンって事で、
クライマックスに持っていくわけです!

 

講演バージョンではこの流れにゲストのパフォーマンスがくっつきます。

限界を決めつけずに、挑戦することで、ちょっとだけ前に進める!
その一歩の積み重ねはすっごく力があって、
そうして進んでいけば、誰もがヒーローになれる!!
そんな熱いメッセージを込めた、おーちゃんドラゴン講演を
届けています!!パンフの案内ヶ所添付します!

おーちゃんと双子の出会い

さてさて最後に、おーちゃんと双子の出会いの話を!
2008年におーちゃんが筑波大学に研究生でやってきて、筑波大学北海道民会の新歓で出会う。
この時、昌樹は幼稚園の先生を辞めて1年目。筑波大の科目等履修生として籍がありいいとして、
私、朋樹は卒業直後。まだスタントマンの仕事も少なく、OBとして参加してたのよねん!

大学の少林寺拳法部や体操部の練習にもちょくちょく参加させてもらっていて、在学生気味でしたが(笑)
元北海道民会会長だったオイラ。当時、北海道民会の会長の守屋と同じアパートで、新歓の看板作ったり手伝ったなー。
選挙前だから呼べば来るんじゃない!?と筑波大体育のOBの杉村太蔵議員を道民会で呼んだりしたね(本当に来てくれた!)。
年末の皆で帰ろう道民会も裏で取り仕切り本当に現役のような卒業1年目の関わりっぷり(笑)

そんな卒業1年目の新歓で、おーちゃんと出会い、道民会行事でちょくちょく一緒になり仲良くなっていったのでした。
学園祭で道民会のみんなでYOSAKOIソーランを踊る話になり、双子が学生達に南中ソーランを教えることに。
踊りはいいよと言うおーちゃんに「いやいや、当然踊るでしょ!?」とちょっと強引に引き込み、
おーちゃんハマり、学生達もハマり、そのご「筑波大学 斬桐舞と言うよさこいサークルが立ち上がり、

※写真センターがおーちゃん、両手に双子状態ね!

その後、毎週2回の練習で、演舞の時は週末も一緒に青春をしたと言うそんな仲なのさ!
筑波大学 斬桐舞がずっと社会人も参加しているチームなのは、立ち上げメンバーの中で、
私・朋樹がOBの社会人だったのが一つの要因、あはは! そう考えるとナイスだったな!おもしろいよね!

おーちゃんは好奇心旺盛で、スカイダイビングやスキューバーダイビングもしちゃう挑戦者!
俺はお仕事で行けなかったけど昌樹とカンボジアも行ってたり

昌樹と小笠原諸島でイルカと泳いだりもしていたなあ。

イルカと泳いでる昌樹を、おーちゃんが撮った写真!

スタントで函館に行ったときに、一緒に朝市行ったのも印象深いで!

あ、忘れちゃいけないのが、おーちゃんが月間EXILEでUSAさんと対談した事と、
打ち上げ呼んでくれてEXILEのUSAさんとご対面して話せたのは、楽しかったなぁ。

ただただ踊りが好きで、目の前の踊りを楽しみ続けていたら掴めた今の道のりで、
そんな話をまったりと、大好きなテキーラ片手にのらりくらりと話すUSAさんを子どものようだなぁと思った。
俺も子どものように目の前の事を追いかけようと思った、素敵な時間だったわー。

後日掲載された記事もおーちゃんとUSAさん二人のほんわか優しい雰囲気が伝わってくる、いい感じの対談記事でした!

そんなおーちゃんと子ども達を出会わせることで、素敵な未来が生まれるかも!?
と講演会をしてみています!お気軽にお問い合わせあれ!

学校公演パンフレット掲載しときます!クリックすると大きくなるよ!

おーちゃんのCM出演を記念して、おーちゃんドラゴン講演会紹介とおーちゃんと双子の話でした!

By朋樹