避難するとき停電時の外出はブレーカーを落としてね。通電火災が恐ろしい!

避難するとき停電時の外出はブレーカーを落としてね。通電火災が恐ろしい!
The following two tabs change content below.
朋樹

朋樹

北海道札幌市出身、双子忍者“双龍(ツインズ・ドラゴン)”の赤い方。道産子ヒーロー“舞神ソーランドラゴン”プロデューサーの双子の兄。 スタントマンでもあり、ちょこっとだけ映像クリエーター(昔映画祭でちょこちょこ賞をとってた)。座右の銘は「空回ってるうちに何かを巻き取るんですよ!」ジャッキー・チェンが好き。 「ヒーロー魂を持った人達を増やし、よりよい未来のために、できることから行動する人を増やす」と言う信念と、「ジャパニーズ・ツインズ・アクションを世界に轟かす」と言う夢を追いかけ、忍者とヒーロープロデュースに奮闘中。
この記事の所要時間: 147

いやあ、北海道の地震大変ですね。双子にも心配の連絡が続々入っておりますが、
実は双子はスタントの仕事や週末のイベント出演のために本州にいて、直接被災はしていません。
双子共に無事をご報告いたします。ただ、まだ両親と連絡が取れず心配です。

実家の札幌市南区は震度3とのことで、そこまで心配していませんが、携帯繋がらずでして・・・。

通電火災が恐ろしい

北海道の全ての火力発電所が点検などで停止し、全域でほぼ停電中だそうで、ここで気をつけたいのが、
電気が戻った時に起きる電気火災かと!なんと地震による火災の約6割は電気火災だそうな!

ガスの配管などに不具合がおきてガスが漏れで起きる火災が有名ですが、
それ以上に発生する可能性が高いのが電気による火災なのです!
倒れてコンセントが抜けて、火花散ってみたいのもあるのですが、

盲点なのは「通電火災」

電気火災の中で最も事例が多いのが、「通電火災」一度地震で停電した後に、
電気が復旧した時に起こる火災。なので避難して家に誰もいない時に電気が復旧して発生するので
発見が遅れて大きな火事になりやすいとな

メカニズム的には、コンセント刺す時に火花散る事って今までに何度かなかった??
あれが復旧した瞬間に起こり、近くのものに燃え移ったり、
ものが倒れた時にケーブルなどが傷ついていて、普及の時にショートして火花が散り引火するそうです。

対策はブレーカーを下げて通電しないように避難、外出するだけ

阪神淡路大震災の時にこの通電火災で火災が多発して、情報が出回ったものの、
東日本大震災での地震発生後の火災の半分もこの通電火災だとの報告もあり、

避難の時には必ずブレーカーを下げる。
停電時に外出する時もブレーカーを下げる。
この徹底は重要です!!

北海道の停電が復旧した時に通電火災が一件でも減らせるように、
記事を書いてみました。

土砂崩れや、東区の液状化も心配ですね。
まだまだ余震も警戒が必要です。気を引き締めながら、
助け合って乗り越えましょ!!

By朋樹