4月12日(金)皆、オラにちいとだけ知恵を貸してくれ!さぶみっとヨクスルin札幌にエントリー!

4月12日(金)皆、オラにちいとだけ知恵を貸してくれ!さぶみっとヨクスルin札幌にエントリー!
The following two tabs change content below.
朋樹

朋樹

北海道札幌市出身、双子忍者“双龍(ツインズ・ドラゴン)”の赤い方。道産子ヒーロー“舞神ソーランドラゴン”プロデューサーの双子の兄。 スタントマンでもあり、ちょこっとだけ映像クリエーター(昔映画祭でちょこちょこ賞をとってた)。座右の銘は「空回ってるうちに何かを巻き取るんですよ!」ジャッキー・チェンが好き。 「ヒーロー魂を持った人達を増やし、よりよい未来のために、できることから行動する人を増やす」と言う信念と、「ジャパニーズ・ツインズ・アクションを世界に轟かす」と言う夢を追いかけ、忍者とヒーロープロデュースに奮闘中。
この記事の所要時間: 540

Webのチカラ × 地域応援 × チャレンジ この国の行く末をヨクスル!??
来る4月12日(金)、さぶみっとヨクスルin北海道にエントリー!
プレゼンさせて頂くでござる!

さぶみっとヨクスルとは?

公式ページの説明をまず引用するでござる

街を盛り上げるためのアイデアを一緒に考えよう!
さぶみっと!ヨクスルは「地元を盛り上げたい!」という方にプレゼンターとして登壇いただき、
参加者のみなさんで自由にアイデアを出し合うイベントです。
ヨクスルの流れ
地域でこんなことをやりたい!盛り上げたい!というプレゼンに対して、みんなでワイワイとアイデアを出し合います。
磨けば光る地域の魅力。地域をもっとおもしろくしましょう!地域にもっとフルスイングしようぜ!

「地域課題の解決に向けて名乗りを上げたプレゼンターたちの
立ち向かう壁を打ち破る、次なる一手を参加者で考えるイベント」

と言うのが拙者の解釈でござる!

これまでに、札幌、仙台、名古屋、大阪、高松、沖縄の6都市で複数回開催されています!
開催地は6カ所
拙者は地域クラウド交流会の時にお声がけいただき知り、
今回エントリーに至ったでござる!

※地域クラウド交流会のレポート記事はコチラ
https://tam-p.jp/hero/show-report/chiiki-cloud/

拙者のプレゼンテーマはコチラ!

公式の紹介をまず引用するでござる!

ヒーロー魂を呼び覚まし、育む、ヒーローによる教育と啓発事業
「道民のヒーロー魂を呼び覚ます!よりよい未来のために、
できることからはじめられる、一人ひとりがヒーローだ!!」を合言葉に、
「全道を、ヒーロー魂で溢れさせる為」に道産子ヒーロー“舞神ソーランドラゴン”を双子で展開中。
ヒーロー魂を持った人を増やし、小さなできる事の集約の力を知り、
誰かじゃなく、一人ひとりが自ら行動し、能動的に実践する社会を作りたい!

実は今、1番やりたい平日の学校教育巡業や、教育的発信に関する展開が伸びずに、悩んでいます。
そこで収益の半分を教育巡業に使うとうたっているグッズの販売展開について伸びていくアイディアと、
志を広め知ってもらえれば応援してもらえる自負があるので、その志の広め方や攻め方をブレストしたいです!

合同会社道産子英雄企画 黒田 朋樹さん

悔しいでござるが、忍者よりも、ヒーローが
園や学校にヒーローが教育に行く出前授業、がかなり素敵なんでござる!
教育パッケージ資料2018②

年間30回行かないくらい、出前授業したり、教育する機会があるでござるが
その資金は

①依頼先からの謝礼
②グッズ収益の半分(教育活動に生かすと宣言している!)
③助成金や寄付金
(去年で行くと札幌はさぽーとほっと基金さんの助成金、茨城では親子育成事業など
フィリピンやカンボジアの活動には 富士ゼロックス端数クラブさんの寄付金など)

を使って平日の活動を回しているんでござる!

ぶっちゃけちょっとだけ赤字でござる!教育事業に関しては赤字なんでござる!
ヒーローゆえに、基本どんな依頼も出来る形では行く!断らない!と言う裏信念が存在し、
平日に関しては結構柔軟に行くんでござる!
※双子忍者はまけていません!念のため!

ありがたいことに助成金ちょこちょこ受かってるでござるから、
まわして行けてるでござるが、無かったら年間10数回でござるきっと!

このマネタイズをどうするか!?

拙者ここの資金に「グッズ収益の半分を使う」と宣言し実行することで、
どんどんコラボ商品が出来上がると侮っていたでござるな!

特に、2017年の10月からの5分番組化後、
この出前授業のスポンサーやグッズ展開やコラボ企業が現れると思っていたでござる!
今のところその後の商品化は”ソーランドラゴン サイダ―”だけなんでござる!

そんなにとんとん拍子に行かなかったでござる!

アイディアマンだし、オールラウンダーだし、
熱量も結構あると自負するでござる!
でも、自分達の力だけじゃ攻めあぐねているんでござる!
次なる一手、何したらいいかわからんでござる!

これはもう皆さんの力をちいとだけ貸していただきたい!
皆、オラに、ちいとだけ力を貸してくれぇ!

とさぶみっとヨクスルに応募したと言うわけでござる!

参加方法!

定員は実はあと5名。
申し込みページはコチラ!
https://www.submit.ne.jp/10404

ソーランドラゴンの窮地に手を貸したいと言う人は是非是非ご参加あれ!

他にもこんなに素敵なプレゼンターがそろうでござる

目的は拙者じゃなくてもいいでござる!今回の札幌は他にも二人素敵なプレゼンターが揃うでござる!
こうしきHPより引用するでござる!

北海道産ドッグフードだいち 小林 宏幸さん

kobayashi
ドッグフードの常識を変えたい!
今や家族となっている愛犬に対して、多くの飼い主が「犬には茶色いカリカリしか食べさせてはいけない」と思い込み、
体調不良やごはんを食べない犬が増えている。15歳以下の子供より多いと言われているペットが
「北海道産原材料を100%使ったドッグフード」を通して、いろんな犬のご飯の選択肢を増やせることで
健康に暮らせるようになり、飼い主さんの悩みもなくなり、飼い主さん自身の健康にも繋がると考えています。

どうしたら「茶色いカリカリがドッグフード」という常識がなくなり、
飼い主さんにいろんな犬のごはんの選択肢を増やせるかを考えたい!

小林殿は第一回の札幌の地域クラウド交流会の優勝者で先輩でござる!
https://kitagoe.jp/eventnews/sapporo-chiiki-cloud/
拙者は第五回の準優勝でござる!

大崎 美佳さん

osaki
社会のことが気になっちゃうシェアハウスをつくりたい!
ブラック企業、子どもの貧困、生物多様性の損失、ジェンダー不平等などなど、私たちの周りにはたくさんの課題があります。
それらは自分に関わることなど何かしらのきっかけがないと自分ごととして考えたり、解決に向けたアクションができません。

普段の暮らしから自然と社会課題を知る、考える仕掛けをつくって、誰もが住みやすい地域づくりをしていく仲間をふやしていきたいです。
社会課題と言われるものがなくなることで、誰もが自分らしくいられ、住みやすい地域になります。
普段の暮らし(特に家)から、自然と社会課題に触れる「仕掛け」について考えていきたいです。

なんとここ数年関わっている、国際協力フェスタの一昨年の実行委員長でござる!
感動の再開でござる!再会が楽しみでござる!