エコエクササイズ“カンフー摩擦”企画書

2009年12月1日

筑波大学環境コミュニケーションラボ
カンフー摩擦企画担当 黒田朋樹
アウトライン
【1】企画の概要
【2】企画の狙い
【3】企画の特徴
【4】企画の戦略

【1】企画の概要
カンフー摩擦とは・・・
・ 音楽に合わせてタオルをヌンチャクのように扱いながら行う乾布摩擦エクササイズ
・ 太極拳的タオルストレッチから始まり、全身くまなく摩擦するようにプログラミングされている。
・ 朝の体操用5分(初級・中級・上級)と、イベント&授業用15?30分が完成。
・ アドバンス用の自宅ダイエット&エクササイズ用30分のエクササイズを考案予定。

【2】企画のねらい・ 1960〜70年代、小学校を中心に一大ブームを巻き起こした“乾布摩擦” を楽しく習慣的に行えるようにアレンジすると共に、間違ったイメージ(寒風摩擦)や方法(寒いなかで裸で行う等)を払拭し、ふたたび広める。
・ 「環境」と「健康」という時代に即した双方のキーワードに準じたエクササイズ=エコエクササイズを提案することで、プロダクツに頼らないライフスタイルの見直しという持続可能な生活の原点を意識づけする。

【3】企画の特徴

1. 【環境性】カンフー摩擦は究極のエコ
・特別な用具や場所はいらない、タオル1枚、畳1畳からできるエクササイズ
・毎日、運動を熱に変えて運動中の暖房費もCO2も削減。
・習慣的に行う事で体温調節機能を向上させ、冷暖房に頼らない体づくりを実現!
・カンフー摩擦を通して環境について学べる、教えられる、考えられる。
○健康体操の時間だと思っていた子ども達が、エクササイズとして手に取ったお母さんが、
環境について考えるきっかけになる!逆にエコに惹かれてはじめた人が健康にもなれる!
○科学技術に頼らず、人間の本来の力を引き出すことこそが原点に返ったエコなんじゃないか!?
その前にできること、やれることがあるという原点的エコ精神“エコササイズ精神”の提案と普及

2. 【優れた効果】乾布摩擦の効果がこんなに凄い!
◎乾布摩擦には下記のような様々な効果が期待できる事が現在はわかっている。
?皮膚を刺激することで、全身の血行がよくなり、新陳代謝を活発にし、寒さに対する抵抗力がつき、その結果免疫力がアップする(風邪の予防になる)。
?自律神経を刺激し、その働きを改善!
?自律神経の不具合で起きる冷え性によく効く
?ストレスに強い体になり、内臓の病気に強くなる
?安眠を促進し、疲労回復への効果もある
※これらの効果から、最近では鬱病の治療法としても乾布摩擦が勧められている事例もある。
・知覚神経や運動神経への刺激で、筋肉の硬直を防いだり、老廃物の排出を盛んにしたりする(体の老廃物が原因の体臭改善にも効果があると言われている)

3. 【斬新性】ペアエクササイズでのコミュニケーション要素と双子の見本
・同じ音楽で、初級・中級・上級の3つのバージョンがあるため、レベルアップしていく楽しさがある。
・1人では摩擦困難な部位を2人1組で行うペアエクササイズを取り入れることで、これまで一人で行うことが常だったエクササイズに誰かとコミュニケーションをしながらより楽しく行うという斬新な点が付け加えられている。

・しかも見本が双子(発案者の黒田兄弟)だから視覚的にも楽しめるという仕掛けになっている。

4. 【波及性】ほぼ全ての世代を惹きつける要素がある
・1960〜70年代の小学校を中心にした一大ブームもあり、30代後半以上の人達には昔なつかしい健康法。
・健康に良いということで、幼稚園や老人福祉施設等で行われているところが少なくなく、“お年寄りと子ども”に受け入れの土壌がある。
・30分のエクササイズver.を作る事で、ダイエット効果が高まり、女性層を取り込める。
・タオルをヌンチャクに見立て行うことで、エクササイズと縁遠い 30代?50代のブルースリー世代のお父さん達も虜に!

【4】企画の戦略
・全国の幼稚園や小学校、福祉施設などへの訪問実演レクチャー
・社内運動会やスポーツイベントなどへのウォーミングアップやクールダウンタイムへのゲスト参加
・エクササイズ教則DVDの販売(評判がよければシリーズ化)
・NHK教育やポンキッキなどの子ども番組とタイアップ
・オリジナル手ぬぐいやTシャツの開発が可能で、企業のCSRプロモーションにも利用できる。
・あくまで“エコムーブメント”であると言う姿勢が世相を捉える!?(最重要)

私達はこの企画が本当に日本の、いや世界のエコと健康に一役買うと確信しています。
どんな形でもご支援いただける、企業や個人を募集中です。
いっしょに笑顔を増やしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です